子供からの読書感想文の課題図書?『戦国ベースボール』は歴史好きの小学生にオススメです

【あ劇場©】へようこそ。
本日、2021年03月27日の晩婚パパの育児日記の主な演目は、【戦国ベースボール】について。

あおば(ウチの子供)は、大の本好きで且つ歴史好きということもあり、以前から《集英社みらい文庫》の『戦国ベースボール』シリーズがとても気に入っていました。

そして‥『戦国ベースボール』シリーズの第16~18巻の3冊を読んだあおばから、その3冊を課題図書とした読書感想文の提出を求められるかのような?!リクエストがありました(苦笑)。
『戦国ベースボール』シリーズの【公式】サイトは こちらです。

集英社みらい文庫

「集英社みらい文庫」は、小学生&中学生のための新しい読みものシリーズです。たとえば、「ちびまる子ちゃん」や「ワンピース」…

小学生の子供に「本好き&歴史好き」になって欲しい親御さんに『戦国ベースボール』はオススメ!

 

というわけで、読んでみました『戦国ベースボール』

その第一の感想は、次のようでした。

晩婚あおばパパ
なるほど! このシリーズを,
“歴史好き” なあおばが(子供が)面白がるのは「わかるな~」

でした。

そして、そう感じたからこそ、次のような考えが浮かびました。

このシリーズは、小学生の子供に「本好き&歴史好きになって欲しい!」と切に願っている親御さんにとって、とてもオススメできるシリーズなのではないか?

なぜなら、このシリーズには『マンガ版』もあるからなのです。

つまり、以下の構図が成り立つのではないか、ということです。

  1. 入り口はマンガ・コミック版
  2. 次いでその原作の文庫本(書籍版)を
  3. 原作・書籍版が気に入ったら、シリーズの続編を(総計20巻)

まず、1)のマンガ版を子供が気に入る可能性はかなり高いのではないかと思います。

なぜなら、出版元が “集英社” であるから。

そうです。“集英社” と云えば、言わずと知れた あの・・少年ジャンプ の出版元。

マンガのことを知り尽くしている出版社です。

少年ジャンプは今や、男女を問わず人気ですし、《少年ジャンプ×スポーツ》と云えば、もうマンガの王道中の王道。

この組み合わせが “ハズレル” ということは、まずないのではないかと。

ということで、「マンガを気に入る」ということは一応前提とさせてもらいます(笑)。

そこで次の段階のポイントは、このシリーズは、元々小学生の子供向けに書かれた本が原作である、という点。

いわゆる「名作」と呼ばれる本のマンガ版というのはよくあると思いますが、そうした類に本は、原作の「名作」本自体は、子供を対象にしたわけではないケースが大半かと。

そうしたケースでは、たとえマンガ版で子供が興味を持ったとしても、その原作の本を読んだ場合にはむしろ逆効果となってしまう危険性もかなり高いと思います。

本を読み慣れてない子供
やっぱり本って、難しいなぁ・・・

と。

他方、このシリーズは元々、子供に「楽しく本を読んでもらう」ことを企図して書かれています。

ですので、随所に面白いギャクが満載です。

なので、僕の読書感想文も、面白ギャグに関する内容が中心となりました(笑)。

また、イメージを膨らませるマンガ的な「挿絵」も結構入っています。

お堅い本だと、本を楽しみことに慣れていない子供にとってはかなりハードルが高くなってしまうと思いますが、このシリーズは「とても面白く」マンガ的な要素もかなりあるので、そんな子供でも間違いなく「とっつき易い」かと思います。

そしてさらに魅力的なのが3)の点。

このシリーズが全20巻もあり、既に完結もしている点です

1)~2)の流れて「面白い!もっと続きが読みたい!」となっても、その続きが例えば2~3冊しかなかったとしたら、そこまででその熱が冷めてしまう可能性も否めません。

ところが、このシリーズは20巻もあるので、その熱を継続・維持することが可能なのです。

そして、20巻まで読み切ったとしたら、その子はもう《読書・本を読むということに対する抵抗感》を払拭できている であろうと思います。

しかも、いい意味で、読み切った時点で「次へ」と移行することができる。

これが仮に、未完で継続中のシリーズだとしたら、このシリーズの続きが気になって、別の本に手を伸ばすということに繋がりにくくなる可能性もなくはないと思います。

ですが、このシリーズは完結しているので、「あ~ 面白かった~」と、「別の本」へと心置きなく手を伸ばすことができるのではないかと。

我が子に「本好き&歴史好き」になって欲しいと思っていられる親御さんはぜひ1度、1)~2)の流れを試してみてはいかがでしょうか?

心から「あ~ 面白かった~」と思う本が題材であれば、多くの子供が苦手とする《読書感想文》であっても、スムーズに鉛筆を持つ手が進むようになるのではないかと。

楽しく読み進めた後は、あの動かざるごと山のごとしだった我が子の鉛筆が、火のような情熱を伴ってスラスラスラ~と疾風の如く動き、親の気持ちを静かなる林のように穏やかにさせてくれること請け合い!(かもしれません(笑))

まぁ、そこまではいかなかったとしても我が家の子供の経験上からは、《歴史への興味》をより深めてくれるのは確かだと言えるので、オススメです。

『戦国ベースボール』【マンガ版】は こちらです。

 

『戦国ベースボール』【書籍版シリーズ第一作目】は こちらです。

 

>【当劇場(ブログ)管理人より】

【当劇場(ブログ)管理人より】

当ブログ『あ劇場』は2020年11月に運営をスタート。
その前後2つの時期に、これまでの我が家の子育て・育児の方針や手法が「間違いでなかった!」と実証されたコトがありました。

★1つは塾なし家庭学習での『全国統一小学生テスト』の結果

★1つは「アトピーっ子」であった子どもの症状の劇的な改善

(1)の点は《子どもが本好きになるように育てる》の実践結果です。
小学3年生になって受験した『全国統一小学生テスト』の結果で「大正解!」との “お墨付き” を得ました。

参照記事はこちらより 通塾なし!全国統一小学生テスト春秋「国語偏差値70台」結果が示す親のできること

(2)の点は2020年8月頃にこれまでの様々な取り組みが一気に結実。アトピー性皮膚炎の症状が劇的に改善 しました。

参照記事はこちらより 続くアトピー性皮膚炎とのつき合い-ウィズコロナ生活と同様に

2つの成果は共に、小学生から取り組み始めても十分に効果があると思います。ぜひ当ブログの記事を参考にしていただきたいと思っています。

他方、より早く乳幼児の時期から取り組みを開始したのならば、より効果が高いとも思います。

皆さんのお知り合いに「乳幼児期のお子さんの親御さん」がいらしたらぜひ、我が家の成果をシェア・お知らせいただけたら幸いです。

当ブログの記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。