ベネッセ「CE★TVライブ」のスケジュールや申し込みの仕様は便利でオススメ!

【あ劇場©】へようこそ。
本日の晩婚パパの育児実録の演題は【ベネッセ(=進研ゼミ)「CE★TVライブ」のスケジュールや申し込みの仕様は便利でオススメ!】です。

本日は、我が家の小学3年生の子どもの「あおば」が、【進研ゼミ小学講座】チャレンジイングリッシュ(ChallengeEnglish)の無料オプション講座『CE★TVライブ』に参加 した件について。

『CE★TVライブ』の参加はまだ2度目。

まだ参加手順に不慣れなことと子どものマイペース過ぎの性格が合わさって、参加が少し遅れてしまったのです。

ですが! 幸いなコトに『CE★TVライブ』のライブ授業は、月に「2回」実施。

もう1度、最初から・・・・参加するチャンスがあるのです。

今回は、そのあたりの事情を中心に『CE★TVライブ』のライブ授業 についてふれてみたいと思います。

CE★TVライブの主な特徴

【CE★TVライブ】メイン告知 画像出典先:CE★TVライブ|進研ゼミ小学講座|チャレンジウェブ【会員限定ページより】
こちらは【進研ゼミ小学講座】公式サイトの英語教材案内⇒ 小学講座の英語教材

『CE★TVライブ』の特徴を簡潔にまとめると、以下の7点になります。

  1. ライブ配信型レッスン
  2. 1レッスン約30分
  3. ネイティブスピーカーと日本人スタッフの2名体制
  4. レッスン内容はレベル別に3クラス
  5. 毎月同一レッスンを2回配信
  6. 事前申し込み制(5,000人)
  7. 追加受講費0円

この7つの全ての点については、こちらの関連記事を参照ください

関連記事

【あ劇場©】へようこそ。 本日、2021年10月12日の晩婚パパの育児日記の主な演目は【進研ゼミのチャレンジイングリッシュ『CE★TVライブ』に小3の子供が初参加で即効果も!】です。 本日は、あおば(ウチの小3の子供)が、【進研ゼミ[…]

CE★TVライブの画面(2021年10月)

当記事では主に、その内の(4)~(6)の点についてふれたいと思います。

CE★TVライブのレッスン内容とスケジュールについて

【CE★TVライブ】スケジュール・申し込み(スケジュール表) 画像出典先:CE★TVライブ|進研ゼミ小学講座|チャレンジウェブ【会員限定ページより】
こちらは【進研ゼミ小学講座】公式サイトの英語教材案内⇒ 小学講座の英語教材

上掲の画像は、今月・12月(2021年)の 『CE★TVライブ』のスケジュール表になります。

ポイントは、進研ゼミの英語学習教材『チャレンジイングリッシュ』のレベルと連動した内容のレッスンが3つのレベル分けである点です。

そして、各レベルごとのレッスンを毎月2日間配信している点です。

配信が1回だけでなく、2日に分けて2回されることにより、どちらか都合のよい日を選ぶことができますし、予約済みの1回目のレッスンが急な用件で「都合が悪くなってしまった」というような場合でも、2回目のレッスンに再予約をしてレッスンを受けることが可能です。

また、習熟度・理解度をアップさせるために、同じ内容のレッスンを2回以上受けることも可能です

ウチの子どもの場合は現在のレベルが「5~8のクラス」となり、同一日のレッスンは1回だけとなるためまだ試してみたことはないのですが、同じ日にレッスン予定が2回組み込まれている「レベル1~2」や「レベル3~4」のレッスンについては、同一開催日に2レッスンを申し込むことも可能 なのではないかと思います。

そうすると、「レベル1~2」や「レベル3~4」の内容であれば毎月、同じ内容のレッスンを最大4回繰り返し受けることも可能です。

『CE★TVライブ』の各回の定員は5,000名となっていますが、この定員数についてはいまのところはかなり余裕がありそうです。

詳しくは先に案内しました関連記事に譲りますが、ウチの子どもが初めて『CE★TVライブ』のライブ授業を受けたのは10月でした。

この10月の回というのは「特別イベント開催月」でしたので、おそらくいつもの月より参加者が多かったのではないかと推測できます。

ですが、その10月でも、開催日の「前日」の申し込みでもスンナリ予約を取ることができたのでした。

【補足】
「前日」の申し込みついては、これまでの我が家の実体験では「前日の20時半過ぎ」でも問題なく予約可能でした(2022年6月時点)。
未確認ですが‥ 「0時前」であれば、前日の23時50分台でも大丈夫なのかもしれません。

もしかしたら、「レベル1~2」や「レベル3~4」のクラスだと事情が違う可能性もなくはないと思います。

他方、ネットで調べた範囲ですと「満席で予約を取れなかった」という状況を目にすることはありませんでした。

本日の我が家の場合も「再予約が可能」の仕組みがあるおかげで、レッスン前半の聞き逃し部分(約8~10分程)を、14日(火)のレッスンで補修することができる見込みです。

そうしたきめ細かな仕組みが構築されている点も、「ベネッセ・進研ゼミさんらしい」と感じさせられます。

録画レッスンの視聴も可能

なお、「リアルタイムのライブ授業」ではなくなりますが‥ 『CE★TVライブ』のレッスン内容を録画で視聴することが可能な仕組みも用意されています。

以下は、進研ゼミ・チャレンジイングリッシュからの『CE★TVライブ』のスケジュール案内メールからの抜粋・引用内容になります。

毎月の「CE★TVライブ」の内容を録画レッスンで視聴できることをご存じですか?

今年の4月から、レベルごとにさまざまなテーマでお届けしてまいりました「CE★TVライブ」の録画レッスンを、いつでも好きなときにご視聴いただけます。

予約の際の注意点‐特に「ひみつのパスワード」‐について

『CE★TVライブ』の予約の際の主な注意点については、以下の画像を参照ください。
【CE★TVライブ】重要!おうちの方へ:申し込みの際の注意事項の一覧 画像出典先:CE★TVライブ|進研ゼミ小学講座|チャレンジウェブ【会員限定ページより】
こちらは【進研ゼミ小学講座】公式サイトの英語教材案内⇒ 小学講座の英語教材

ポイントは、黄色地に赤の太字で書かれた部分の内容。

「ひみつのパスワード」になります。

この「ひみつのパスワード」は、ライブ授業の教室への入室時に「パスワード入力」をする必要があるので、参加の際の必需情報となります。

「ひみつのパスワード」は予約申し込み後に、連絡先として指定したメールアドレスに送信されます。

CE★TVライブのライブ授業は2回とも全く同じ内容なのか?

前述のように『CE★TVライブ』のライブ授業はクラスによっては毎月最大4回受けることが可能となり、同一日に2回受けることも可能となります。

そこで気になるのが、その各回ごとの内容が基本的にほぼ同じなのか、それとも毎回少しずつ違うのか?という点です。

『CE★TVライブ』の名称や「ライブ授業」という表現からすると、毎回ライブならではの空気感の違いやちょっとしたアドリブなどの違いがあることを期待したくなるのは、自分だけではない気がしますがいかがでしょうか?

その辺りについては、14日に子どもが参加した際にチエックをしてもらおうと思っています(後日、情報追加予定)。

2回目のライブ授業の参加結果

【後日談その1】
(12月)14日の「同月2回目」の『CE★TVライブ』、子どもが参加しました。

で、気になる授業内容ですが‥ 実は内容は「基本的に全く同じ!」でした(笑)。

ですが!そこはやはりライブ授業!

授業内容や進行の仕方などは同じではありますが、やはりちょっとした「アドリブ的な話し」がネイティブ先生の口から出たりはしていました。

ということで、内容的には「ほぼほぼ同じ」ですので、1回目の授業がスムーズに理解できた人は2回目を受ける必要は「特になし」というのが結論かと。

他方、基本的に同じ内容だからこそ、「もっと英語に慣れたい」といった場合には、“繰り返し復習できる” という効果も期待できると思います。

おわりに

『CE★TVライブ』の具体的なレッスン内容については今回も、我が家の小学3年生の子どもの「あおば」は、

あおば
難しくなかったよ

と言っていました。

『チャレンジイングリッシュ』の自分のレベルと同じレベルのクラスでレッスンを受ける範囲においては、難易度は問題ないようです。

その点は、常に「楽しさ」を重視しているベネッセ・進研ゼミさんらしい仕様だと感じます。

もちろん!ウチの子も、

あおば
あ~ 楽しかった~

と言っていました。

次回の同じ今月の14日のライブ授業については、ライブ感の度合いが「どの程度か?」についても楽しみにしていようね(笑)。
 

【後日談その2】
14日の「同月2回目」の『CE★TVライブ』のライブ感の度合いについては、先にある【後日談その1】でふれたとおりで、「ある程度はアドリブあり」という感じでした。

ですので‥ 「ライブならではのその都度の違い」については正直あまり期待はできないかと思いますが、ウチの子の場合は「別の効果」がありました

それは、『CE★TVライブ』に参加すると、そのままその流れで《
CEの通常のレッスンを始める!》
というモノです。

ライブ授業で「英語にふれる」とやはり! 通常レッスンもやりたくなるのですね(笑)。

 

CE★TVライブ』資料請求はこちらより

>【当劇場(ブログ)管理人より】

【当劇場(ブログ)管理人より】

当ブログ『あ劇場』は2020年11月に運営をスタート。
その前後2つの時期に、これまでの我が家の子育て・育児の方針や手法が「間違いでなかった!」と実証されたコトがありました。

★1つは塾なし家庭学習での『全国統一小学生テスト』の結果

★1つは「アトピーっ子」であった子どもの症状の劇的な改善

(1)の点は《子どもが本好きになるように育てる》の実践結果です。
小学3年生になって受験した『全国統一小学生テスト』の結果で「大正解!」との “お墨付き” を得ました。

参照記事はこちらより 通塾なし!全国統一小学生テスト春秋「国語偏差値70台」結果が示す親のできること

(2)の点は2020年8月頃にこれまでの様々な取り組みが一気に結実。アトピー性皮膚炎の症状が劇的に改善 しました。

参照記事はこちらより 続くアトピー性皮膚炎とのつき合い-ウィズコロナ生活と同様に

2つの成果は共に、小学生から取り組み始めても十分に効果があると思います。ぜひ当ブログの記事を参考にしていただきたいと思っています。

他方、より早く乳幼児の時期から取り組みを開始したのならば、より効果が高いとも思います。

皆さんのお知り合いに「乳幼児期のお子さんの親御さん」がいらしたらぜひ、我が家の成果をシェア・お知らせいただけたら幸いです。

当ブログの記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。